カードローンの返済で払えない時はどうすれば良い?

もしもカードローンの返済で払えない月が出た時は?

何らかの事情で、どうしても今月分のカードローンの返済が払えない時。そんな時は当月の金利分だけの返済で許してくれるカードローン会社がほとんどなんです!

 

 

カードローンの返済が難しい時!

 

1.カード会社に電話を掛ける
2.返済が難しい事を伝える
3.金利分だけの返済をお願いする

 

 

実はたったこれだけのステップで、大抵のカードローン会社は今月分の返済を認めてくれるんです。と言うのも、カードローン会社は「金利分のお金≒売り上げ」なので、毎月の金利分さえちゃんと支払えば特に大きな問題にはならないからなんですね。

 

また毎月の金利分さえしっかりと払い続けていれば、金利や遅延損害金による返済金額が大きく膨れ上がっていく心配もないので、安心感も違います。金利分さえ支払えば、督促の電話も一切ならないのでストレスも全く掛からなくなりますよ。

カードローンの金利分だけの返済で注意する事はある?

ただ、あくまで金利分だけの返済と言う方法は一時しのぎ的な技に過ぎないので、出来る限り少しでも多くの元金分を返済していく事を心掛けておきましょう。仮に年率18.0%で10万円を借りていたのだとすれば、必ず金利分のお金+で元金分のお金を1000円でも良いので返済し続けていく事が本当に重要です。

 

と言うのも、金利分だけの返済では、いつまで経っても元金分に充当されず完済までの道のりが見えてきません。なので、気が付けば借りたお金よりも支払ってきた返済金額の合計金額の方が多い状態になってしまう可能性だって出てくるのです。

 

なので、金利分だけの返済はあくまで「非常手段」としてとっておき、仮にカード会社側が請求してくる返済金額の全額が無理であったとしても、金利分+αの金額で良いので少しづつ返済を続けていく事が、完済までの大きな一歩になるんですよ。

 

また、複数社からの借り入れがある場合でも、各カード会社に金利分だけの返済の交渉で対応してもらえる場合がほとんどです。なので、複数社から借り入れがある場合は、一社一社交渉を持ち掛けてみて、毎月の返済金額の調整を行っていきましょう。(複数社からの借り入れにはおまとめや一本化を強くおすすめします)