総量規制は銀行には関係がありません!

総量規制と銀行はどんな関係があるのか?

総量規制と銀行の関係性について

総量規制と言えば、年間で個人収入の3分の1以上のお金を借りる事が出来ない法律と言う事で有名ですよね。この総量規制という法律により、借り過ぎる心配がなくなった為、学生や主婦の人もカードローンの審査対象として広げる事になったのですが、問題点もいくつか存在します。

 

総量規制によって、借りる事が出来る限度額が審査を受ける前から大体の予測がつく事が出来るので、子どもの学費や家のリフォーム代、その他大きな手術を受けた場合などの緊急費用など、大きなお金を借りる事が難しくなりました。

 

そこで、銀行では総量規制とは関係のない法律で、カードローンを発行する事により、総量規制には縛られる事の無い、独自のカードローンサービスを展開できるようになったのです。

総量規制とは貸金業者が守る為の法律で、銀行は関係ありません

と言うのも、総量規制とは簡単に言えば「消費者金融などの貸金業者が守る為の法律」であり、銀行が守る必要と言うのは全くないんですね。その為、三菱東京UFJ銀行のバンクイックなどの、銀行が発券するカードローンを利用すれば、あなたは総量規制に縛られる事無く安心してお金を借りる事が出来るんです。

 

消費者金融が守る総量規制とは違う、銀行法と言う法律を銀行は守っていて、この銀行法の範囲内においてお金をあなたに貸してくれるので、銀行でお金を借りる事を「総量規制の対象外」と言われているんですね。

 

ちなみに三菱東京UFJ銀行「バンクイック」なら、総量規制なのはもちろん、金利も非常に低金利で借りる事が出来るので安心です。また銀行がお金を貸してくれるサービスなので、もしも返済に困った時でも優しく対応してくれるので安心感が違います。

 

バンクイックならあなたがスグに借入可能かどうか、スマホからでも簡単に診断してくれますし、24時間いつでも全国各地に設置されてある自動契約機を利用してカードを受け取る事が出来るのでおすすめですよ!

 

まずはバンクイックのお試し診断を利用して、あなたが今すぐ借入可能かどうかを早速調べてみましょう!

 

 

>>バンクイックのお試し診断はこちら!<<