キャッシング返済地獄に陥らないために

キャッシング返済地獄に陥らないために

人と会わずに、手続きも簡単に、困ったときにお金を借りることができるキャッシング。
あとから収入がある、返済のめどがたっている計画的なキャッシングを出来る人にはとても心強い味方です。
でも、手軽な分、キャッシングによって必要以上にお金を借りてしまったり、返せなくなったりといった事例が起こっているようです。

 

機械からお金を引き出すので、手にした瞬間もう自分のお金のようになってしまうのもその要因のひとつ。
ちょっと余裕がない、そんな時にも一度キャッシングを経験してしまうとすぐキャッシングを頼りにしてしまう。
ほんの少しの間の我慢をすることをおろそかにすることにより、キャッシング返済地獄は知らぬ間におそってきます。

 

キャッシングの金利は18パーセントを超えるところも多くあります。リボ払いではなかなか元金が減らない。
返す額が多くなり、つらくてまたほかの会社で借りて返済に回す。これこそ怖い悪循環です。
お給料右肩上がりがなかなか期待できない、先行き不安なこのご時世。

 

キャッシングを味方につけるも、そこで苦しむも、あなた次第。
利用するときの計画性、覚悟、必要以上に手を出さない強い意志が大きな分かれ目になるようです。
キャッシングの特徴をよく知って、上手に利用しましょう。

キャッシングは自己責任で

お金がないのなら、ないなりの生活をすればよいですよね。
でも、どうしても生活に困ったら、お金を借りるしかないかもしれません。
でも限度があります。どうしても借りたければまずは親に借りるべきだと思います。
なぜなら、消費者金融などに借りると、恥をかかない限り借り続けてしまうからです。
私の前の夫がだらしなく、結婚した後に借金を知りました。
黙って結婚する感覚が全くわかりませんが、その借金の額は300万以上でした。
消費者金融を十何社も借りて、返済に困っていました。
キャッシングをしている事は誰にも言わなかったし、危機感もあまりなかったようです。
だらしないとは思いましたが、私がそれぞれの借り入れ状況や返済額を見て返済プランを立てました。
でも貧乏な暮らしは夫婦の間に深い溝をうみ、結局残額100万円程の頃に離婚しました。
つまり、元夫は私に多大な迷惑をかけたわけです。
お金の問題は一番のケンカの原因になります。
その借金の理由も不透明で、生活費が足りなくて借りて少しずつ増えていったものだと言っていました。
3年間も一緒に返済して、何にも私には残りませんでした。
お金を借りるなら借りればいいですが、返せないなら借りるべきではないです。
借りたなら、自分自身の力で自己責任で返すべきだと私は思います。